咲顔 ~活気溢れるまちの実現へ~

委員会事業計画

総務委員会

植田 一徳

委員長
植田 一徳

■基本方針

 半世紀以上に及ぶ歴史や伝統のある白浜・田辺青年会議所が、今後も地域から信頼され続け、組織としての魅力を更に発信していくためには、これまでの活動にどのような本質や意味があるのかを深く検証し、時代の流れに合わせたものにすることで洗練された組織へと深化していく必要があります。
総務委員会では、受け継がれてきた厳格な組織運営を引き継ぎつつ、総会や例会が円滑に執り行われるように努めます。また、定款、諸規定の取扱いを始めとする組織運営に必要な業務を、公益社団法人として適正に行います。
 青年会議所メンバーが、組織の一員であるということに自信と誇りを持ち、更に意識を高めて運動することができるような組織の下支えをすることで、今の世代だけではなく次世代にわたり発展する「咲顔(えがお)溢れるまち」の実現を目指します。

■事業計画

 1.総会、例会セレモニーの円滑な進行
 2.定款、諸規定及び内規の検証と共有手法の検討
 3.適正且つ正確な事務業務の遂行
 4.会員の資質向上につながる例会事業の実施

渉外広報委員会

宇津 大貴

委員長
宇津 大貴

■基本方針

 青年会議所が掲げる理念のもと、「明るい豊かな社会」の実現を目指すためには、メンバーが自己研鑽することでより効果的に運動を発信し、今まで築き上げてきた地域社会との絆を大切にするとともに、今後も強固なものにすべく行動していかなければなりません。また、私たちの運動や活動を多くの人々に知っていただき、これからも地域の人々に必要とされる組織であり続ける必要があります。
 そこで、渉外広報委員会では、事業や各種会合などに率先してメンバーを牽引し、学びや自己の成長の機会を作り、青年会議所運動を円滑に推進するために各種団体への気概ある渉外活動を行います。広報においては、広報誌やWEB等で私たちの運動や活動が広く周知されるよう効果的な広報活動を実施して参ります。
 この地域を担う責任世代である私たちが優れた人材へと成長し、運動や活動が地域社会に更に波及するよう行動していくことで「咲顔(えがお)溢れるまち」の実現を目指します。

■事業計画

1.自己の成長に繋げる各種会合への参加奨励及び引率並びに協力
2.各種団体への気概ある渉外活動の実施
3.効果的な広報の探求及び実施並びに会報の発行
4.会員の資質向上につながる例会事業の実施

拡大交流委員会

小倉 輝久

委員長
小倉 輝久

■基本方針

 昨今の社会・経済情勢の変化、価値観の多様化により全国的に青年会議所の会員数が減少傾向であり、白浜・田辺青年会議所も例外ではなく同様の問題を抱えており、会員数が減少しつづければ、我々の運動が縮小することは免れません。会員拡大に関する取り組みは大変重要な課題で、メンバー全員が常に当事者意識を持ち、取り組む必要があります。
 そこで、『全員拡大』をスローガンに掲げ、メンバー同士の信頼関係をさらに深め、結束力を高められるよう率先して行動することで、各委員会との連携を密にし、候補者の情報収集、進捗状況の共有に努め、積極果敢に会員拡大を行います。また、OB会員を招き、白浜・田辺青年会議所の伝統や価値を見つめ直し、JC活動や運動に自信と誇りを持てるような事業を開催します。
 我々と同じ志を持った仲間が増え互いに成長し、その仲間たちと地域が必要とするJC運動を行うことで、紀南地域の光り輝く未来を創造します。

■事業計画

1.光り輝く未来を目指すための会員拡大
2.先を見据えた会員拡大の手法検討及び意識向上の取り組み
3.結束力を高める交流事業の実施
4.OB会員を招いた「JCの日」の実施
5.会員の資質向上につながる例会事業の実施

研修委員会

芝田 利文

委員長
芝田 利文

■基本方針

 白浜・田辺青年会議所は、永きに亘り「明るい豊かな社会」の実現をめざし、活動・運動を行ってまいりました。これからも理想を掲げる地域のリーダーが必要とされている中で、JAYCEEとして率先して行動していくためには、メンバー一人ひとりがJCへの理解を深め、さらに意識を変革し、自己の成長を遂げることで組織力を向上させ、地域の発展につなげる必要があります。
 そこで、新入会員が青年会議所の活動・運動を理解するために基礎知識を習得できる機会を創り、人財を育成し組織力向上につなげます。また、メンバー全体の素養を高め、私たちが暮らすこの地域の住民と共に未来に向けたビジョンを共有できる機会を創出し、新たな発見と意識の高揚を図り、我々が暮らす地域の発展につなげます。
 伝統ある青年会議所活動の意義や目的を学び、仲間と共に資質向上を目指すことで組織がより強固なものとなり、私たちの運動を通じて地域の皆様と共に成長し未来の活気溢れるまちの実現を創造します。

■事業計画

1.活気溢れる人財の育成セミナーの実施
2.3分間スピーチの実施
3. 活力溢れる地域を目指すための講演会の実施
4.会員の資質向上につながる例会事業の実施

青少年委員会

中松 紀雄

委員長
中松 紀雄

■基本方針

 昨今、共働き夫婦の増加、ゆとり教育の変更に加え、塾や習い事といった学校以外の生活時間の増加など、青少年を取り巻く環境は大きく変化しております。また、各地域の様々な団体が行う体験活動を知る機会も少なく、子供たちが体験を通して地域の未来を担う大人へと健全に成長する機会を創出する必要があります。
 そこで青少年委員会は、各教育機関と協働し、子供たちが段階的、持続的に成長するために時代に合わせて手法を変え事業を行うことで、可能性の視野を広げて夢を持ち、夢を実現するための方法を自分で考え行動できる前向きな子供たちへと成長し、その時間を共有することで共に成長する機会を創出していきます。
 無限の可能性を持った紀南地域の子供たちがこの地域の未知なる可能性を新たに発掘する「地域のたから」となりこの地域の発展に寄与し、「咲顔(えがお)溢れるまち」となる事を目指します。

■事業計画

1.青少年が夢を育むための体験型事業の実施
2.会員の資質向上につながる例会事業の実施

まちづくり委員会

関本 展稔

委員長
関本 展稔

■基本方針

 白浜・田辺青年会議所は地域のために行政や地域の人々と連携を取り、様々な運動を行ってきましたが、子供会や自治会などの地域のために活動する地域コミュニティに参加しない子供や住民が増え、地域を想う心が失われつつある今、私たちが奮起し地域の活力の源となり、地域と住民をつなぐ架け橋となる必要があります。
まずは、これからを担う子供や住民に地域を想い活動する楽しさや喜びに気づいてもらうために、行政や地域コミュニティの活動に関わっている人々との連携を強化することで、自ら積極的にコミュニティに参加したくなる方法を模索します。そして、地域を想う心を育み、その想いを次世代へ引き継いでいくために、自分たちが住む地域に魅力を感じ、誇りを持つことができるまちづくり事業を行います。
 本来誰しもが持ち合わせている共に助け合い、お互いを想い合う心を育てる「結い」の想いを向上させ、地域の安全を守り、産業を守り、伝統・文化を守り、紀南地域の未来のために活動する人財を創出することで、咲顔(えがお)溢れ、活気溢れる紀南のまちを実現します。

■事業計画

1.地域と住民がつながるまちづくり事業の実施
2.会員の資質向上につながる例会事業の実施

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 公益社団法人 白浜・田辺青年会議所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.