昇華 ~地域とひとが光り輝く新時代へ~

委員会事業計画

GRP委員会

木村 泰久

委員長
木村 泰久

■基本方針

  白浜・田辺青年会議所は、1965年の設立以来53年間「明るい豊かな社会」の実現に向け活動・運動をしてまいりました。今後もこの伝統ある組織が発展するためには、時代に即した組織運営、渉外広報活動を行う必要があります。
  当委員会では総会や例会の円滑な運営をはじめとし、公益社団法人としての定款・諸規定等を今一度見直し、現情勢に即した管理を行うことで、組織力が向上します。渉外活動においては、メンバーに各地で開催される事業参加協力依頼を推奨し、各種団体や行政の方々と深くつながり、活発な情報交換を行うことで個々の能力を高め強固な連携体制を築き、運動を行うための基盤をつくります。また災害発生時には迅速にメンバーに対し支援を促すことで、メンバーが一丸となってボランティア活動等に従事し、相互扶助精神に繋げます。広報活動においては、JCニュースの発行やWEBを利用し効果的な手法を調査模索し発信することで地域の方々に当青年会議所の魅力を知っていただけるように努めます。
  当青年会議所メンバーが活発に活動を行える団体となることで、メンバー一人ひとりの力が地域の活力となり、魅力ある運動を一般の方々に周知させることにより、対外の方々と密な協力関係のもと「明るい豊かな社会」の実現の一助とします。

■事業計画

1.総会、例会の運営及び進行
2.公益社団法人としての定款、諸規定、及び内規の管理
3.事務局及び備品の管理
4.姉妹JCの調査検討
5.会報の発行及び調査検討
6.対外へ向けての広報活動及び調査検討
7.各種会合への参加推奨及び引率
8.各種団体への協力
9.災害発生時の支援

拡大交流委員会

横田 圭亮

委員長
横田 圭亮

■基本方針

  昨年度、白浜・田辺青年会議所は多くの新入会員を迎え入れることができ、高い志を持った新しい人財と現役LOMメンバーが融合し組織がさらに活性化しました。しかし、卒業制度があるJCにとって会員拡大は終わりなき重大責務であり、今後も活気のあるJC運動を展開していくためには、メンバー全員が当事者意識を持って会員拡大に取り組んでいく必要があります。
  当委員会では、JC活動への積極的な参加をLOMメンバーに促すことで、真の仲間を作るJCの魅力発見のきっかけを作ります。そして、各委員会へ積極的にオブザーブ参加し拡大情報の収集や進捗状況の確認を行い、例会で拡大状況や目標達成率を発表することでLOMメンバーの拡大意識向上に繋げ、一人でも多くの新入会員を獲得します。また、仮会員、新入会員がLOMの輪に溶け込めるような配慮をスポンサーとともに心がけることで、仮会員を本入会へと強く導き、新入会員をいち早く積極的なJC活動を展開できる環境へと導きます。さらに、交流事業を通じてLOM全体の絆を深め、それによって生まれた力をJC運動に波及させます。
  地域発展の礎となる志を持った仲間が増え、経験を積むことで自信が生まれ、多くのメンバーと共に歩むことで絆が深まるJCの魅力をメンバー全員が自信を持って地域に発信し続けていくことで、伝統ある白浜・田辺青年会議所の組織拡充と更なる価値向上の一助とします。

■事業計画

1.地域発展の礎となる志を持った会員の拡大
2.拡大目標必達の為の手法検討及びLOM全体の拡大意識向上への取り組み
3.絆が深まり真の仲間となる交流事業の実施
4.渉外を通じてLOM全体の交流を深める引率
5.出席率向上に関する取り組み

人材育成委員会

柏木 類

委員長
柏木 類

■基本方針

  白浜・田辺青年会議所は、日々地域をより良くするため様々な運動を実施してまいりました。地域の問題に目を向け解決し、さらに発展させていくためには、メンバー全員がJAYCEEとしての資質をより向上させ強固な組織となり、地域と共に飛躍していく必要があります。
  そこで当委員会では、新入会員のメンバーが日々のJC活動を積極的に行うことができる環境をつくることで人材を人財へと育成します。そしてJAYCEEとしての素養とJCの組織力をより高めるためのセミナーを実施し、豊富な経験を積むことにより、知識やスキルを十分に吸収しメンバー全員の意識高揚を図ります。さらに将来に向けた意識を共有できる機会となる講演会を実施することで地域とひとを昇華へと導きます。
  地域をより良き未来へと牽引する組織力を持った我々が、新たなチャレンジを恐れずに一歩を踏み出す勇気を持ち、持続可能な運動を地域に波及させることにより「明るい豊かな社会」の実現を目指します。

■事業計画

1.人材から人財へと昇華する人財育成の実施
2.JAYCEEとしての素養を高める人財育成セミナーの実施
3.相手に伝える能力を養う3分間スピーチの実施
4.地域とひとが昇華するための講演会の実施

青少年委員会

野久保 嘉徳

委員長
野久保 嘉徳

■基本方針

  現在、情報機器の発達により価値観の多様化が急速に進み、様々な考えや思想を主張できる社会へと発展している反面、面と向かったコミュニケーション不足が子供たちの健全な成長に悪影響を及ぼしています。
  次代を担う子供たちが豊かな心と広い視野を持って大人へと成長していくためには直接的な対話の中で、自他共に尊重し合いながら人間関係を築き、問題に対して行動する力と、子供たちが自ら目標を定めて諦めずに挑戦していく気持ちを育む必要があります。
  そこで、当委員会では教育機関と連携を取り、メンバーが子供たちへ自身の職業を通じての郷土愛や、学生生活で仲間と共に努力をする大切さを伝える機会を創出し、更に仲間と共に励まし協力し合いながら目標に向かって挑戦する事業を展開することで、向上心、共感力を持った子供たちが創造していく光輝く未来の一助とします。

■事業計画

1.JCと教育機関との協働事業の実施
2.光り輝く未来を創造する青少年育成事業の実施

地域昇華委員会

岩本 智良

委員長
岩本 智良

■基本方針

  私たちが暮らしている地域は、豊かな自然が育む地域資源に恵まれた地域です。しかしながらそれを活かしきれておらず、都市部に魅力を感じ、地方には魅力を感じないということが、人口流出や後継者不足の一因となり、活気あるまちの未来に危惧の念を抱きます。
  『近き者説(よろこ)び遠き者来たる』この魅力ある紀南地域で働きたい、生活したいと思えるまちへと進歩していくためには、地域を支える住民自身が、まちの未来に希望を感じられることが重要です。
  これからを担う私たちが率先して創意工夫し、魅力ある地域資源を発信する運動や、地域の個性と魅力を引き出すための活動を行い、明るい未来への可能性を地域住民と共感できるまちづくり事業を行います。そして事業を通して魅力が地域内外へ波及する効果をもたらし、地域資源発展の一助となり、地域とひとが昇華し光輝くまちとなることを目指します。

■事業計画

1.地域とひとの昇華へとつながる魅力発信事業の実施

PAGETOP
Copyright © 公益社団法人 白浜・田辺青年会議所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.