一歩 ~この地域の未来のために~

委員会事業計画

総務広報委員会

武井 奨

委員長
武井 奨

■基本方針

 白浜・田辺青年会議所は半世紀以上に及ぶ歴史や伝統、地域との関わりがあり、それらを絶やすことなく永続的に発展するためには、効率的な組織運営、より一層の広報活動を行う必要があります。
 当委員会では、青年会議所の根幹である定款・諸規定及び内規に基づいた運営を行うと共に、様々な変化に対応できるよう、より効率的で価値を高めた組織運営を構築します。また、広報活動については我々の活動や運動が、さらに多くの方々に認知されるよう既存の広報ツールを駆使し、今まで以上に幅広い発信を遂行します。
 それらを通して、今の世代だけではなく将来の世代にわたり発展できるよう、未来へとつなぐ組織運営の下支えをすると共に、魅力的な広報を行い、明るい豊かな社会の実現の一助とします。

■事業計画

1.総会、例会に関する事項
2.定款、諸規定、及び内規に関する事項
3.事業計画、収支予算書等の総会書類作成
4.事業報告、決算書等の総会議案書作成
5.事務局の管理
6.会員名簿の作成
7.会員の入退会に関する事項
8.物品、備品の保管及び管理に関する事項
9.表彰、慶弔に関する事項
10.選挙管理に関する事項
11. 褒賞に関する事項
12. 公益に即した運営管理に関する事項
13.アテンダンスに関する事項
14.会報の発行に関する事項
15.組織の魅力を発信する広報活動に関する事項
16.災害発生時の支援に関する事項
17. 近畿地区大会ブース出展に関する事項
18.例会事業の担当
19.会員拡大に関する事項
20.各委員会事業への参加協力
21.組織力向上に関する事項
22.ブロック事業及び各種事業への参加協力
23. ブロック大会開催地LOMとしての協力
24. コンプライアンス遵守に関する事項
25.新型コロナウイルス感染対策に関する事項
26.SDGsの推奨に関する事項
27.その他職務分掌に定める事項

会員拡大・研修委員会

田中 大輔

委員長
田中 大輔

■基本方針

 昨今、白浜・田辺青年会議所では、メンバーが減少の一途を辿っています。さらに世界中で猛威を振るう新型コロナウイルス感染症の影響で活動が制限され、我々の活動拠点である紀南地方においても先行きが見えない状況が続いています。今後、我々の活動を広く展開するには、会員拡大が最重要課題です。
 まず、当委員会はメンバー全員で資質の向上及び会員拡大の意識向上を図ります。そのうえで、各委員会との連携を密に候補者の情報収集、進捗状況の共有に努めます。さらに、諸先輩方に会員拡大の協力を依頼します。そして、新しく仲間となるメンバーの意見を踏まえて勉強会を開き共に、さらなる資質の向上を目指します。次に、メンバーと地域住民が時代の変化に適応できる術を身に付けるための機会となる講演会を実施し、我々が暮らす地域の発展につなげます。
 地域の未来のためになる強い志を持ったメンバーが増え、組織がより強固なものとなり、白浜・田辺青年会議所の活動・運動が地域をけん引することで明るい豊かな社会の実現に向けての「一歩」となるよう進んでまいります。

■事業計画

1.会員拡大に関する事項
2.会員拡大の新しい手法検討及び実施
3.全員拡大の意識向上に関する事項
4.会員の訓練等に関する事項
5.新入会員の育成に関する事項
6.講演会・セミナー等の開催に関する事項
7.例会事業の担当
8.各委員会事業への参加協力
9.組織力向上に関する事項
10.ブロック事業及び各種事業への参加協力
11. ブロック大会開催地LOMとしての協力
12. コンプライアンス遵守に関する事項
13.新型コロナウイルス感染対策に関する事項
14.SDGsの推奨に関する事項
15.その他職務分掌に定める事項

青少年委員会

坂本 和大

委員長
坂本 和大

■基本方針

 未だ世界で猛威を振るう新型コロナウイルス感染症の拡大は、収束の目途もたっていない状況にあります。このような状況下において、青少年を取り巻く環境は大きく変化し、緊急事態宣言等による外出や旅行の自粛だけでなく、長期にわたる休校やスポーツの自粛など、子どもたちに起こった生活の変化と心のストレスは計り知れません。
 当委員会としては、コロナ対策を徹底し、自然や環境への理解を深めることができるアウトドア体験などを実施することで、仲間との協調性やコミュニケーション能力を育み、青少年の心身の成長に寄与します。JCティーチャーについては、青少年が実際に必要としている情報を提供し、直面している課題を解決するための授業を実施します。
 我々の活動と運動を通じ、メンバーと青少年が共に地域の魅力を知り、課題を共有、解決し、未来を切り拓く一助にします。

■事業計画

1.JCと教育機関との協働事業に関する事項
2.青少年育成事業に関する事項
3.例会事業の担当
4.会員拡大に関する事項
5.各委員会事業への参加協力
6.組織力向上に関する事項
7.ブロック事業及び各種事業への参加協力
8. ブロック大会開催地LOMとしての協力
9. コンプライアンス遵守に関する事項
10.新型コロナウイルス感染対策に関する事項
11.SDGsの推奨に関する事項
12.その他職務分掌に定める事項

まちづくり委員会

谷本 大志

委員長
谷本 大志

■基本方針

 新型コロナウイルス感染症により人と人とのつながりが希薄となり、まちの活気が失われつつあります。このような時代だからこそ、私たち若き力が率先して行動を起こさなくてはなりません。
 地域の活気を戻し、笑顔あふれるまちづくりを行うためには、まず我々が心の底から楽しんで活動することが大切です。先行きが不透明なコロナ禍でも、我々が一歩を踏み出して楽しみながら活動することで、その思いが地域に伝播します。そのことを念頭に置いて委員会運営を行います。まちづくり事業では、より多くの方々に地域の価値が再認識され、笑顔になっていただく事業を行います。さらに今年度は、和歌山ブロック大会白浜・田辺大会が開催されることから、ブロック大会の開催地LOMとして、万全の協力体制を敷き、円滑な運営サポートを行うことで大会を成功へと導いてまいります。
 地域の方々や関係諸団体と協力しながら、我々が地域のリーダーとしての自覚と覚悟を持って一歩前進することで、笑顔あふれるまちの活気を取り戻し、明るい豊かな社会を創出する一助とします。

■事業計画

1.まちづくり事業に関する事項
2.ブロック大会開催地LOM実行委員会として協力の責務
3.例会事業の担当
4.会員拡大に関する事項
5.各委員会事業への参加協力
6.組織力向上に関する事項
7.ブロック事業及び各種事業への参加協力
8. コンプライアンス遵守に関する事項
9.新型コロナウイルス感染対策に関する事項
10.SDGsの推奨に関する事項
11.その他職務分掌に定める事項

PAGETOP
Copyright © 公益社団法人 白浜・田辺青年会議所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.